鼻血ならぬ耳血ですかね

寝ようとした時のことウトウトしていると、何だか耳の穴が痒くてムズムズしてしまいました。
綿棒を取りに行きたいけど、取りに行くのがそもそもめんどくさい。ということで指でカリカリっと掻いてみたんです。
するとチカッと痛みたが、まさかと思った私は焦って電気をつけて指を見ると血がついていました。
よく子どもが鼻をほじって穴の中を傷つけ鼻血を出すことがあるじゃないですか。いわゆるそれの耳バージョンです。
(さらに…)

愛ってなんなのでしょう

私はずっと一人の人に心底愛されてみたいと思っていました。誰かに心底愛されて必要とされる気分はどんなものか知りたかったのです。
少女漫画が大好きだった私は、幸せそうで可愛らしく恋をする少女漫画のヒロイン達を見て憧れ、恋に恋をしていました。
でも本当に大切な人が出来ると、想像していた以上に恋って楽しくて、愛は素晴らしいものだと思いました。
(さらに…)

オタクでも何でもいいけど

先日、女子高生二人組が「オタクマジキモい」と話しているのを耳にしました。
別にキモいと思っていようがいまいが個人の勝手だと思います。「JKほんと無理」とか言ってるオタクの人だっているかもしれませんからね。
でもそれを道端で他人に聞こえるくらい大声で話す必要はあるのかなと思います。
(さらに…)

書く文章で教養を見抜かれる

女性はどれだけ可愛くてもスタイルが良くても、やはり教養というものは必要だと思うんです。
教養がなければ馬鹿そうに見えてしまってどうしても品のない下品な印象になってしまいます。
また見た目を上品にして賢い女に見せても文章を書いた時に全て見透かされてしまうこともあります。
それは書く文字であったり文法であったり、汚い字やチグハグな文章を書いてしまえば賢い女には見られませんよね。
(さらに…)

ついつい触っちゃうんです

ちょっと使っている化粧水を奮発して以前より良い物にグレードアップさせてみました。
夜寝る前につけて朝起きて、確実に肌が変わっていました。
潤いもあるしツヤツヤです。これを今後も続けていけばどんどん肌が良くなっていくのかと想像しただけで胸が高鳴ります。
こういう時に本当に女性に生まれてよかったと心の底から思うんですけども。
そんな感じで肌が触っていてうっとりするくらい変わった日から気づけばついつい触ってしまっているんですよね。
(さらに…)

ただ見返したかっただけ

学生時代の私は本当に太っていました。そのせいでバカにされたことも何度もありました。
きっと当時は冗談のつもりで周りの人も私をからかっていたことも知っていました。でも心に傷はつくものです。
私はそんなバカにしてきた人を見返してやろうという一心でダイエットや美容系のケアに励みました。
結果今では体重も落ち、おそらくあの頃の面影はありません。
(さらに…)

心理テスト合ってるような

少し噂に聞いたFBIの心理テストというものをやってみました。
決して心理テストが好きとか信じてるとか言うわけではありませんが、噂になってるとやってみたくなるのが人間ですし、何よりFBIの心理テストですから当たる気がするじゃないですか。
なのでさっそくやってみたんです。ネットでFBI心理テストと調べて何問かやってみました。
(さらに…)

そういう見方があるのか

私は決して占い信者ではありません。占いを100%信じているわけでもありませんが、だからと言って占いは嘘だと思うかと言われるとそうは思いません。
こういうタイプの人はよくいると思いますし、私もなんですが時と場合によって都合のいい占いだけを信じるタイプです。
そんな占いの中でタロット占いというものがありますよね。あの絵が描かれたタロットカードを使って占う占いです。
(さらに…)

懐メロが頭の中をまわる

何気なく生活をしていると何故か頭の中に知っている曲が流れ出してまわり続けるということありませんか。
それが最近お気に入りの一曲だったり、CMでよく聞くちょっとしたメロディーだったり色々あると思います。
でも私の場合その頭の中をまわる曲が異常な程に懐メロなんですよね。
懐メロが頭の中をまわることくらい、誰でも起こりうるとは思いますが私は高確率で懐メロなんです。
それで思わず口ずさんじゃったりして、周りから「それ古くない?」と言われるんです。 (さらに…)

普通に食べましたけども

その日の朝は何だかいつもより騒々しく何やら子どもたちが早く起きて騒いでいるようでした。
どうして騒いでいるのか気になりつつも、まだ起きる時間ではないので起きませんでした。
すると子どもたちが私のところへやってきて私を起こし開口一番こう言いました。
「この餅腐ってるよ」
何のことと思いのそのそ起きて話を聞くと、どうやら貰い物の餅の期限が思いの外短かかったらしく腐り始めていたそうです。
(さらに…)